ごくんの旅日記

興味が湧いたら聴く!視る!動く!9月5日〜旅してます(^^)

米野菜 自然に惹かれて 島根県

こんばんは!(^^)

 

無事、事故もなく目的地に到着できて

からもう3日?がたちました♪( ´θ`)ノ

 

友人のお姉ちゃん夫婦のお家に

約1ヶ月、農業の手伝いをさせてもらい

ながらお世話になります!宜しくです!

 

島根県は飯石群飯南町

んもう〜最高に素敵な場所!!

 

はい、まずこちら!
f:id:yug0831:20180918185245j:image

あの有名な出雲大社のしめ縄です🙄

ここは「大しめ縄創作館」といって飯南町

ある資料館のような場所らしいです!

(このときは閉館時間の17時を過ぎていて

必死にこじ開けようとしているところ笑)

 

というのも飯南町では昭和30年代から出雲大社

大しめ縄の制作・奉納が行われていたそうです。

(出雲大社の分院が飯南町にあったことが縁で)

 

ほんと、でっけー!東京に戻るまでには

しっかり出雲大社にも出向き、今の

大しめ縄を見てきますよ〜楽しみっ😇

 

そんで次〜

f:id:yug0831:20180918185252j:image

カマキリちょーデカかったよ!

威嚇でこのポーズ!刃牙蟷螂拳!まさにそのものw

f:id:yug0831:20180918221905j:image

(範馬刃牙シリーズ )

 

お世話になるお家にはやんちゃな男の子兄弟

が2人います!めちゃめちゃ可愛いです。
f:id:yug0831:20180918185301j:image

到着してから色々な自然のルールを

教えてくれています!東京の便利な生活に

慣れてしまった男にとっては立派な先輩です。

 

「お!カエルだー!」と僕が反応すると

 

兄「アマガエルは皮膚から毒を出します!

触った手で目、こすると失明するかもよ

ゴクガロイザー!」と呪文のように教えてくれて

 

弟「アマガエル食べるとシム(死ぬ)よ!」

と一生懸命伝えてくれます。笑

 

一個一個、学んでいくので今後とも

ご指導ご鞭撻宜しくお願い致します!

 

そしてスーパーに行ったら自分たちの

お小遣いで、おやつを真剣に選んでました。

f:id:yug0831:20180918185257j:image

「ねえ、ゴクガロイザー!!

10円8枚と50円1枚でコレ買える?!」

 

計算方法を子どもに教えるのは、人より少し

だけ得意な僕(そろばん暗算共に3級程度w)は

一緒に座り込み、数えました。

 

邪気がなく、素直で可愛くて

本当に子どもは素晴らしい生き物。笑

 

はい、ところで「ゴクガロイザー」

ってなんだ?って思ってくれました?😏

 

僕も26年間、聞いたことも使ったことも

もちろんなかったワードなんですけどね?

子ども達と、呼び名の話になって

 

「あだ名とか、なんかないのー?!」

と聞かれ

「みんなには“ごくん”って呼ばれてるよ!」

と答えると

「何それ!変なの!ごくんかあ。

ごくん…ゴクン…ゴク…ゴクガロイザー!!」

 

「ん、ん、んんん?!?!」

 

はい、こいつ。

f:id:yug0831:20180918223847j:image

デュエルマスターズのカード。

(めちゃ強そう…だからいいか…)

 

ということで僕のあだ名が1個増えました笑

 

ゴクガロイザー、島根での約1ヶ月

の農業ライフ楽しみます!

 

いるもんは きびだんごじゃなく 意気なんよ

こんにちは!

岡山に着いた夜から島根の知人の家

(今回の目的地)までの旅路を書きます!

 

泊まらせていただいたのは

ゲストハウス「レイジーハウス」です。

岡山市北区桑田町 9-5

 

オーナーさんは僕の一つ年上のしんたさん。

ゆるい雰囲気なんですが、一つひとつの言葉

に会話に、重みというか芯というか。まあ

単純におもろい話を短時間だけど沢山聞かせて

くれました。久々に同年代で心から凄いなと

思える人に出会えました。

また連絡させてもらいます。あざした!

 

あとは同じフロアに泊まってた台湾人の

お兄さんコンビ!登くんとじぇー君( ´∀`)

f:id:yug0831:20180917143358j:image

旅の話、色々してコーヒー飲んで

2人はカップラーメン美味そうに食って。

ってしながら、台湾いったときには

よろしくね!(^^)ってFBで繋がったから

これからが楽しみです。

 

夜飯はしんたさんのオススメしてくれた

徒歩1分のお店 お好み焼き屋さん「やよい」

f:id:yug0831:20180917150813j:image

豚玉 500円!!これはデカすぎ安すぎ笑

2.5枚分ぐらいある。普通に美味しかったです。

 

岡山きたときはレイジーハウスと

ここはセットで来ますわ絶対!

 

そしてついに目的地に向けて出発です!

日にち的にも予算的にも💸ゆっくりしすぎた

ので今日中にお家を目指そう!と決めました。

 

電車、JRの代行バス(7月豪雨の影響)を

乗り継いで広島の端まで向かいました🚃 🚌

 

夕方16:30。お家まで約45km。

峠を越えなければ目的地には着きません。

これは今回の旅での1番の山場と確信しました。

 

夕陽が沈み始め、薄暗くなり気温も下がってきます。

f:id:yug0831:20180917154133j:image

「おおおお!いい感じになってきた〜汗」

と、興奮と危機感が全身を包みます。

 

時刻は18:30ごろ。

とうとう真っ暗になり、明かりは自分の

ライトと、たまに通る車だけです。

 

音もなく、聴こえるのは

自分の吐息の「ハァ…ハァ…」と

虫の鳴き声、そして僕の身体に体当たり

してくる虫の「プツ…プツ。」のみ。

 

ものすごく寂しい気持ちになります。

ライトの明かりに寄ってきてくれている

虫でさえ、生命が近くにいてくれる

ありがたみ、みたいなものを感じられます。

 

寂しい…辛い…家のベッドで寝たい…

と思いながら僕は結局、たまに遭遇する

このしんどさが好きなんだと思いました照

 

そしてなんとか。なんとか赤名峠という

県境を越え島根県に入ることができました。

 

上り坂ではしんどくて、どうしても

下を向いてしまってばかりいましたが

下り坂に入って少し余裕ができ、ふと

上を見上げると星空がありました🌌

f:id:yug0831:20180917151728j:image

僕、今まで星空見上げて心から

綺麗って思ったことなかったんです。

 

これより綺麗な星空だってきっと観てます。

 

でもなんでしょうか。この今の自分の

置かれている環境とか込みで、身体の内側

からぞぞぞぞっと何かが湧いてきました。

 

「うわ〜」と呆気にとられているとすかさず

前から虫が。そんなタイミングで口に入り…

 

「ドゥベッ!!!プゥエ!!

ッカァ"ア〜ペッ!きもちわり!!🐝」

 

と1人やっていました。

 

この辺は稲作もまだまだ盛んで

やはり米にとっては街灯の光は悪影響という

ことで、明かりが少ないんだそうです。

 

ありがとう。街灯いらないいらない。

月の明かりで十分明るく感じました本当に。

 

星空はまたしっかり時間をかけて

シャッター速度なりなんなりを調整して

もっと綺麗に撮れるようにしようと思います。

 

そしてやっとこさ、目的の町につきました😇

f:id:yug0831:20180917151724j:image

何この光り輝くウェルカムボード…

たまらなくありがたかったです👏

 

20:30ごろ

約1ヶ月、お世話になるお家の方と合流

しまして、無事お家につくことができました。

 

お家での生活は次回!書きまーす(^^)

 

 

いい所 つるつるしこしこ 姫路ツアー

こんにちは!ごくんです。

姫路での旅路をざっくり紹介します。

(13日夕方〜14日夕方まで)

ここ2、3日ずっとチャリ4割、輪行6割の

移動をしています。天候に左右されまくり☔️

 

🚴ちなみに🚴

輪行(りんこう)とは、公共交通機関(鉄道~船~飛行機など)を使用して、自転車を運ぶこと。サイクリストや自転車旅行者が、行程の一部を自走せず省略するために使う手段。公共交通機関を利用しない自走以外の移動(例えば自家用車積載)は輪行とは呼ばない。

ウィキペディア参照

 

そうです、自走せず省略するんです。笑

f:id:yug0831:20180915124602j:image

先頭車両もしくは最後尾の端に置きまして

混雑時間はなるべくさけながら乗車させて

もらってます。正直、少し肩身狭いです(°▽°)

 

でもまあ、電車に乗りながらも地図と

にらめっこして「チャリだったらこの辺

通るかな〜🤔あ、この駅名聞いたことある!」

とか色々考えてるので暇にはなりません。

 

自転車ももちろん素晴らしいのですが

公共交通機関のありがたみはこーゆう

ときにひしひしと感じますねえ🙏

 

はい!で、昨日は姫路城行きました!

f:id:yug0831:20180915125332j:image

順調に名古屋、大阪、と城攻めを

していた僕でしたので姫路城も半ば

義務てきな感覚で行ってまいりました🏯

 

f:id:yug0831:20180915125526j:image

一緒に回ってくれたのはこの2人!

アメリカ人カップルのサムとエリーちゃん。

姫路のゲストハウスで仲良くなって

「せっかくだし一緒にいこう!」となり

ゆるーり観光してきました( ´∀`)

 

2人はアメリカの大学で日本語を勉強

してたらしく、ほぼ会話は日本語でした。

助かったー。ホッ

f:id:yug0831:20180915130010j:image

城からの眺めを見てサムは

「日本初の白人ショウグンに僕もなりたいな」

「ショウグンlifeはどんな感じだろうなあ」

と中々おもろい発言連発でした。

 

オリンピックぐらいまでには日本に移住

して仕事したい!と言っていたのでまた必ず

会うことを約束してバイバイしました^_^

 

城を後にしてすぐに僕はある方に連絡をしました。

前日夜に立呑み屋で仲良くなったおっちゃんです。

 

「東京からチャリで来るなんていうアホまだ

おるんかい?!いやー絶対やらんわ!まず飲め!」

 

と初対面から全開で話してくれたので

僕も飲み始めて30分後には頭ペシーン!✋

やってましたごめんなさい。笑

 

酔っ払いながらも連絡先を交換しまして

話の流れで僕はこんな登録をして笑

f:id:yug0831:20180915131140j:image

おっちゃんも「アホな東京のガキ」と

登録してくれたそうです。笑

(「よたろ」という立呑み屋さんでした)

 

そして話は戻り、姫路駅の近くで合流し

近辺を車で観光させてくれました🚙

f:id:yug0831:20180915131432j:image

たつの市は動揺の「赤とんぼ」を作詞した方の

出身地?らしくちょっとした観光地があったり

醤油や、そうめんの揖保乃糸が有名だったり

今はもうない龍野城の跡地を見せてくれたり

お仕事中なのによくしてくれました♫さすが社長。

 

おっちゃんありがとう!!

f:id:yug0831:20180915131650j:image

シャツのサイズが愛嬌しかない。これ半袖よ笑

 

姫路、また行ったときよろしくでーす!

あら早い 旅に出てから 一週間!

先週の水曜日に自宅を出てから早1週間です。

 

なんだかんだ知り合いや友人に世話になって

ホテルに泊まったんは今日が2回目です(^ ^)✌🏼️

縁あって繋がらせていただいてるご夫婦宅や

大阪にいる大学時代の友人の家で4泊など

しまして久々にやっと旅路を進めました。笑

 

感謝の意を込めて玄関前で一礼してから

友人宅を後にしました( ̄^ ̄)ゞ

帰る家がある、ってだけで安心感

もの凄かったです。みなさまありがとです😭

 

チャリを漕ぎ始めてから数分が経ち

「そういえばここまで走ってきて特に

何も問題なかったけど大丈夫かな?」と

何の気なしに愛車をチェック🚴

 

するとやはり嫌な予感は的中!!

ガラスを踏んでるじゃありませんか。

3日ぐらいこいつには乗ってなかった

からそれより前の怪我だと推測。

 

近くの自転車屋を検索してそこまで

ゆっくり歩いて向かいました。

店に着いて店員さんに一言。

 

僕「これ、アウトですか?」

店「おう、完全にアウトやね!いつパンク

       してもおかしくないわ!交換スルデ!」

僕「は、はひぃい😱

      (痛い出費だけど仕方ないか)」

 

f:id:yug0831:20180913193656j:plain

 

そこからテキパキと作業をしてくれて

すぐに修理完了してくれました。

 

店「台風の後やから、ホンマにこの辺

       気をつけなアカンデ!!おおきに!」

と気持ちよく送り出してくれました。

いい人に修理してもらってよかったなあ

と思いふけりながらチャリを漕いでいると

 

「パチッッ。カンカンカンカンカン…」

(いやいやいや…待って待って😮)

再出発3分も経たず、2度目の来店です。

 

f:id:yug0831:20180913235617j:image

 

店「こんなにツイてる人初めてヤデ!」

クギみたいなん後輪に突き刺さってました。

出鼻を挫かれた感、ハンパなかったです笑

 

でも笑いながら

店「したら他の気になるとこも直すで!

       コレも何かの縁ヤデ😆!」と

前から気になっていた前輪のゆがみも

直してくれました。本当に頭上がらない…

 

そんで、なんで僕はこんな旅してるのかとか

店員さんはどこ出身で、とか色々話して充足感

たっぷりで再度、送り出してもらいました。

 

お兄さんはモンゴル人の月さん。

日本にきて10数年。元々貿易会社に勤めてた

けどこの自転車屋も、もうだいぶ長いらしい。

 

2度目の修理も終わって店出るとき

最後にまた大きな声で言ってくれた

 

 

「おおきに!!!」

 

 

は大阪にいた5日間の中で一番

暖かい一言に感じました。

 

助けられて旅してます^ ^

f:id:yug0831:20180914001730j:image

 

※そんで今はもう姫路です!

また神戸、姫路辺りのレポは書きます!

地下潜り 見たもの正に 新世界

僕たちは昨日、大阪の新世界にある
「新世界国際劇場」へ足を運んだ。

日中は、男性諸君なら誰でも知って
いるであろう名所 飛田新地を徘徊。
自分の目で確かめるべき場所(色々な意味で)
なので写真はもちろん撮っていないが!!
こちらも見たことのない情景が広がっており
常に僕らはニヤケ顔で歩き回っていた。
「お金がある旅のときに…」と僕は強く心に
決めて夢の通り道を後にした。

インパクトは大きかったがやはり昨日の
衝撃度1位は紹介したこの国際劇場とやら。

 

f:id:yug0831:20180911165731j:image


ここは1階部分は普通の映画(基本は洋画?)が
上映されているのだが、別個で「地下劇場」が
あり、そこでは成人映画が常時上映されている。
値段は800円。60歳以上は600円とかだった
かな?←これにもこの後、僕らがみた事実との
因果関係があったんだなと思い返す。

券売機で購入したチケットを無愛想な受付
のおっちゃんへ渡し、早速僕らは地下への
階段を降りていく。数秒後には大人の階段
を上ることになるのも知らずに。

すぐに異変に気がつく。今まで嗅いだこと
の無い、なんとも言えない匂いに包まれる。

席は両サイドに客が集中し、中央にポツポツと
数人の客が座っている。そして全席自由席で
まだまだ空席が沢山あるというのに立ち見を
している客が多数いた。友人と顔を見合わせ
「何ここ〜どうなってんの〜」と後悔と興味
を表情だけで伝え合う。

訳もわからず僕らは右寄りの真ん中の列辺り
にちょこんと座った。スクリーンでは妖艶な
声の女性が裸になっておっぱいボロォーン!!
となっているも全く入り込めない。なぜなら
すぐ横をオッサン達が常時ゾンビのように
徘徊しているからだ。開いた口が塞がらない 。

ありえない光景。映画を観て楽しもうと
している人は一握りなのでは?と考えだした。

館内はもちろん暗く、それぞれの顔は
見えなかったが目が慣れてくると、男同士
寄り添っていたり、明らかにガタイのいい
女性の格好をした殿方が見えたりと大忙し。

僕らは確信した、深すぎる地下に潜ったと。

やはりここはハッテン場でありそれを目的
として入館してくる方々も多くいたようだ。
単純に男性好きな男性、もいるがその日
暮らしの方々(しっかり女性が好き)にとっては
酒やタバコ代の為の小遣い稼ぎとしてそう
いった行為に同意の上で及ぶらしい。
映画館はオールナイトで上映しているので
深夜帯はよりディープな方々が集まると言う。
(僕らは18時ごろに入館)

席が空いているのに後ろで立って観ていた
のは映画ではなく客の動きを見ていたから
であり、ゾンビ徘徊は正にターゲットを
絞っている最中だった、ということになる。
ONE PIECEばりの伏線回収で頭が混乱した。

映画から流れてくる音とは明らかに違う
少し後ろから聴こえるリアリティのある音。
映画が終わり、館内が明るくなる。

周りを見渡したがもちろん全員男。男のみ。

僕らは知らない世界を見てきた。
ディープな街を2つも。いわばハシゴをした
1日であったが友人と口を揃え言ったのは

「地下潜ってから天国見るべきだったね。」
1時間ほどしか滞在しなかったが
よくよく思い返すと最初から最後まで
2人で一緒にいたから標的にされずに
済んだのか、上映中にどちらかがトイレに
でも行っていたら…と考えたら圧倒的な疲労感
に襲われ、青二才な僕らは重たい足取りの
まま地下鉄に乗り、帰路についた。

映画館自体はレトロな雰囲気でザ・日本の文化
という感じなのでみなさんも是非行ってみて!
何回も言うけど1階は普通の名作観れるから!笑

 

#新世界 #大阪 #日本 #旅 #旅日記 #旅レポ #映画館

#昭和レトロ #ノスタルジー #サブカルチャー