にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ごくんの旅日記

迷ったらワクワクする方へ!3月15日〜東南アジア旅(^^)

タイっぽい、でも世界の問題

どうも、こんばんは(^○^)

ごくんっす!

 

ミャンマー行きを決めてからは特に大きな動きは

せず、夜行バスのチケットを取りにいったり

こっちで知り合った日本人の女の子とご飯に行ったり

とってもスローリーな時間を過ごしていました。

 

宿の最寄り駅に着けば、ボーッと

しながらでも自然といつもの1番改札口に

向かえているし「セブンでレモンビールでも

買ってから戻ろう〜」とか考えたりしながらね。

 

確実に居心地が良くなっていました。

 

宿に戻れば受付のレディボーイのお姉さんが

今日はどこに行ったの?」と聞いてくれて

写真を見せて「ここはいいわよね」とか

そこは私も行ったことない!」等の会話を

したりするんです。とても好きな時間です。

 

夜は毎晩、効き過ぎたクーラーに身を縮め

朝起きたらタピオカタイティーを買いに行き

屋上で溜まった洗濯物を干して、ぬるい風を

浴びながら今日は何しようかなと伸びをします。

 

空は青いです(^^)

 

 

そんな東京にいるかのように

暮らすように旅ができる街バンコクから

何も情報がない未開の国、ミャンマー

いくのですが、ドキドキが止まりません。

 

大概、そういったことを考えている

ときはニヤニヤも止まりません。笑

 

f:id:yug0831:20190520154245j:image

そう、始めに書いた「友達とご飯」の

肝心なお店なんですけど、こちらです↓↓

(上のTシャツはそこの売店で買ったもの❤️)

 

f:id:yug0831:20190520160653j:image

Cabbages & Condoms Restaurant さん!

 

ん?😏

っていくつか気になるところがあると思うの

ですが、そうです。コンドームが至るところに

オシャレな装飾として飾られています。笑

 

一緒に行った女の子が連れてきてくれた有名店で

観光ならここは1回来ておくべき!」と、気を

利かせてくれたみたいです(^○^)

f:id:yug0831:20190520160659j:image

コンドームで出来たサンタさん

大切なものだけをプレゼントしてくれそう(^^)笑


f:id:yug0831:20190520160648j:image

性行為によるHIVエイズ感染防止

ユーモア溢れる形で呼びかける、大真面目な

レストランです。

 

どの行為はセーフティーでどの行為がデンジャー

か、を棒人間でポップに示してくれていたり。

 

あ、安心して下さい

料理は普通に美味しいものしかないですし

食器等も全て普通のものです。笑

 

f:id:yug0831:20190520171924j:image

だいたいどこいっても食べる空芯菜 😍

トムヤムクンもめちゃめちゃ美味かったな…

 

 

僕が少しだけ話を聞いて、見て、調べて

感じたことを共有させて下さい。

 

まず、タイのHIV感染者数は東南アジアで

最も多いそうです。

 

こちらの大きな要因としては、同性愛者

セックスワーカー麻薬使用者たちが

感染率を引き上げており、決してタイの人々を

偏見の目で見るキッカケにはしてほしくないです。

 

タイが抱える大きな問題の1つであるHIV感染。

 

この問題に向き合い続けた「ミスターコンドーム

と呼ばれていれるタイの有名な政治家さんがいます。

 

彼はメチャイ・ビラバイダヤさん。

80年代後半から90年代前半にタイで急激に

増加したHIV感染を国家的危機と捉え、その

撲滅のために奔走した方です。

 

彼は性産業を「死の産業」と表現し

エイズの蔓延に対し迅速な対応もなしに何も

動こうとしない政府や、買春目的でタイを訪れる

欧米人や日本人を痛烈に批判もしたそうです。

 

色情狂どもよ!死にたかったらタイに

(買春に)来るがいい!」とまで言ったとか。

 

そんな彼を中心とし、12年間に渡り撲滅活動を

続けた結果、タイのHIV感染者は90%減少した

とされています。

 

推測によると、彼は約770万人の命を救った

として世界的にも評価されています。

 

が、タイのHIV問題はまだまだ継続しています。

 

若者の性感染症予防意識の低さが数字となって

現れており、15歳〜24歳の性感染症は10年前の

約2倍になっているそうです。

 

この若者の性感染症予防意識の低さ、は僕ら

日本人の若者にも同じことが言えると感じました。

 

決して他人事ではなく、改めて自分の

性知識の薄弱さを知るキッカケとなりました。

 

僕も楽しませてもらったゴーゴーバー。

沢山お金を使ったし、それだけタイの性産業は

魅力があって、経済を回してる大きな力で。

 

あと、ゲストハウスの受付にもいた

レディボーイのお姉さん。僕は人として魅力的

な方だな、って2週間お世話になって感じたし

どこかホモサピエンス的には真っ当な気も

したりしました。難しい問題だから言葉選びも

とても難しいんだけど、とにかく僕は直接

関わったり見たり聞いたりして、マイナスな

イメージなんて少しも湧かなかったんです!!

※たった2週間だけどね?!

 

んもー!ちょーすき!!

 

どうですか、それが正解でしょ?

とかなんて本当に思ってなくて、自由だと思って

ます人の考え方は!好きなことやりたい言いたい!

 

僕はこれからも継続して女の子が大好き!!

(はい、知ってます)

 

で、たまたまかもしれないけど僕が関わった

そのお姉さんは思いやりのある表情とか

言葉をかけてくれるのがとっっても上手で

ハッピーな気持ちに何回もさせてくれました。

 

だからこそ!!

その楽しい思いをさせてくれたタイが!

タイ人のみなさんが!!ハッピー感じ続けられる

ように!何か0.1でも力になれたらと思いました!

 

こんなただの1人の日本人がこーやって

文字にするだけでも、100人程度の目には入る

訳で、それがどっか知らんとこでいつか誰かの

ハッピー要素に代わる瞬間があるって信じてます。

 

 

んで、結局!!このレストランも、その

ミスターコンドームこと

メチャイ・ビラバイダヤさんがオーナーなんです

って話でした!!(まとめ下手すぎ)

 

若者に向けては、こーやってユーモア溢れる

もので、壁を感じさせずに意識させるってゆう

考えつくされた、本当に素晴らしい活動。

 

お会計したら、コンドームを人数分

ガムの代わりみたいにくれて。笑

 

お土産も可愛いの何個か買いました。

誰かにあげます。

あ、Tシャツのデザインもこの話聞いた

上でもっかい見てみてね!可愛い!😆

 

とても楽しく美味しくハッピーに。

素晴らしい時間を過ごすことができました。

 

 

いやー!夜行バス、寝なきゃなのにー!

変なモード入って指が止まらなかったー!

思いのままって感じの文だからまとまって

ないかもしれないけど読んでくれてありがと!

 

おやすみ!!